やるかやらないかは自分で決める

コーチング

最近はこれがとても大切で、
頑張る土台になるんじゃないのかなって
思っています。

子どももそうだけど、大人も
自分で決めて進んだことは
誰のせいでもなく、それに
腹落ちかげんが違うから
気持ちが全然違うはず。

この中途半端なことば・・・。

今回はずっとどうしようかと
悩んでいたことがあって、
自分の成長だと考えると
やりたいって思う。

でも何かひっかかる。
最近はこの違和感を大事にしようって
決めてて。

私の場合のこの違和感はだいたい
”ないのに外に探しにいく”状態。

自分じゃない何かになろうとしている時とか
居心地の悪さのようなものを感じたりとか。

なので、今回はやめました。

セッションでカードを使っていますが、
カードが出たからこうするって事はしてませんね。

それだとカードに頼ってしまっているから。

本当は誰もが自分で決めたい。
ただそれだけです。

もう既に師のような存在に
なっていますが、
福ちゃんこと福田幸寛さんがセッションに
申し込んでいただきました。

福ちゃんは産業医をされていて、
その他に、
次世代ファミリー認定コーチ
ポジティブ心理学コンサルタント
Gallup認定ストレングスコーチ
もされています。
福ちゃんのブログはこちら。

緊張しました・・・。
だけど、福ちゃんから出てくる言葉は
内容とは別になんとも幸せで。

福ちゃんのような男性が
増える事をただただ祈るのみです。

長い冬眠を終えて(私が)、
3月から動き出します。

本当に冬は動かないんだなって
実感しております。

それは自分の性質なんだと思い
無理はしません。
無理をするとどうにも思考が
カッチカチになります。