コーチングについて

コーチ”って言葉は知っている方は
多いかとおもいます。
でも”コーチング”って何だろう?そう思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

例えば、「職場での人間関係で悩んでいる」とか「これから先の自分について考えたいけど何をすれば」とかそういう悩みを持っている方がいらっしゃるとします。悩みを持っている方を”クライアント”と呼びます。

この悩みをどうにかしたい!そんなクライアントさんのサポートをするのが”コーチ”となります。コーチングを通してクライアントさんが自分で考え、自分で決めて行動に移すことを目的に色々な角度から質問をしてコーチングのセッションは進んでいきます。質問に絶対答えないといけないわけではありません。クライアントさんのペースで進むことが大切です。

コーチングではアドバイスはしません。
(全くとしないという訳ではないです)
なぜなら、一番大事にしているのはクライアントさん自身が実は答えやヒントを持っていると考えているからです。

コーチが質問をしたことについて考え、それを言葉にし、行動する。これを繰り返していると自分について今までよりももっと深く自分自身について考え、自分と対話し、気づきがでてきます。

自分で決めたことや、行動に移そうと思ったことは人に言われるよりもずっと心に響きます。

”ハンドルを握っている”のはクライアントさん
コーチは”助手席に座る人” 

隣に座りナビゲーターとなり運転席からは見えない別の見方を案内できるのです。
ただ、ハンドルを握っているのはクライアントさんなので最終的な判断はクライアントさんとなるわけです。

考えることが苦手だと最初は疲れるかもしれませんが、慣れてくるとちょっと立ち止まって自分自身に問いかけることもできるようになりますよ。
お客様から個人セッションのご感想をいただきました→→→「お客様の声」




Kleurenでは現在2つのコーチングを
提供させていただいております。

コーチング個人セッション
モヤモヤした気持ちと
向き合ってみませんか?

次世代ファミリーコーチング(一般講座)
時代に対応した次世代のファミリーの
在り方を学びませんか?